第29回日本急性血液浄化学会学術

ウェットラボ

急性血液浄化カテーテル挿入シミュレーションから動物の臓器を使った人工呼吸器モード設定まで

日  時
2018年10月20日(土)13:30~16:00
会  場
ウインクあいち 7F 701 ウェットラボ会場
対  象
医師、看護師、臨床工学技士などのメディカルスタッフ
(参加者であれば会員、非会員に限らず受講していただけます。)
定  員
約25名 ※プログラム抄録集に記載している募集人数から変更になりました。
参 加 料
無料
内  容
急性期血液浄化の主な現場である集中治療室のスタッフにとって、日常的に行われている手技の中から、ブラッドアクセス挿入、CVカテーテル挿入、気管切開術、気管内挿管、人工呼吸器操作を動物の臓器を使用しシミュレーターを使用して実際に体験してみる事を目的にしています。
特に動物の臓器を使用した経皮的気管切開術、動物の臓器を使用した人工呼吸換気での呼吸器モードでの肺の変化を実際に目で見る事で理解しやすくなると思います。
  • ブラッドアクセスカテーテルの挿入シミュレーション(ドライシミュレーター)
  • エコー下でのCVカテーテルの穿刺シミュレーション(ドライシミュレーター)
  • マックグラスMAC喉頭鏡を使った挿管シミュレーション(ドライシミュレーター)
  • 動物の臓器を使った経皮的気管切開術
  • 動物の臓器を使用した人工呼吸換気を観察する。また、換気設定を変更した際の変化の観察など
申込方法
こちら
※定員に達し次第、受付終了となります。
※当日は7F 701ウェットラボ会場前で受け付けいたします。
照 会 先
加藤 孝之
協  力
コヴィディエンジャパン株式会社